西日本豪雨災害

「平成30年7月豪雨」
7日朝、小田川と支流の高馬川などの堤防が決壊し、広範囲が冠水。
真備町だけで51人が死亡した。

倉敷市真備町尾崎地区のそーる訪問看護ステーションの代表理事、片岡です。
浸水被災後も私たちは訪問看護や、直接物資を届ける活動を継続しています。

私の育った町、真備町。平成28年9月1日から訪問看護ステーションを開設しました。病があっても、共に暮らしのできるホームホスピスを開設するため今まで頑張ってきました。

毎年水害被害は予期していましたが、7月7日に小田川が決壊。私や管理者の自宅、親戚一同、そーるの事務所もすべて全壊で町全体が壊滅的状態となってしまいました。

しかしながら、訪問看護をストップすることはできません。再建に向けスタッフみんな必死で前進しています。危機的状況を何とか打破したいと考えております。
またこの真備町で活動を再開するために、皆様からのご寄付を、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人そーる
理事長 片岡奈津子


支援して下っている団体

 
 Facebook

 
平成最悪の豪雨 西日本豪雨災害

 
【西日本豪雨】トレーラー3台を、地元NPO「そーる訪問看護ステーション」へ 
 【西日本豪雨】毛布の"ドライブスルー配布会"ーNPOパートナー協働事業 

 
アジアパシフィックジャパン 

 
 平成30年7月豪雨災害の現場から 

 

 

 

 


クラウドファンディングサイト

【西日本豪雨】訪問看護のプロ集団、壊滅した町の復興を目指す!

今回のReadyforのプロジェクトでは、長期化が予想される真備町の人々の避難生活を支えるため、そーるに貸与するトレーラーハウスの輸送費やメンテナンス費用、そーるの活動のバックアップなどをカバーする計画です。

個人支援者


Facebook


被害状況

 
 水害ゴミの山の中から出てきた、ボロボロのぼりが復活しました。
 
 
 
 
 
 

事務局: NPO法人そーる
     倉敷市真備町尾崎812-16
営業日: 月~土曜日 8:30~18:00   
休 み: 日・祝日(予約にて対応可能)
TEL: 086-697-0823
FAX: 086-451-3050
担当者: 片岡奈津子